• 清澄倉庫店

  •  
商品カテゴリー
2021年 07月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
ネットショップ 休業日
【営業時間】
恵比寿実店舗    11:00〜19:30
ネットショップ   10:00〜19:00
サブカテゴリーを見る

ドメーヌ・ド・シャソルネイ
DOMAINE DE CHASSORNEY

フレデリック・コサール
Frederic Cossard

太陽を感じる重厚な果実味とスマートな骨格が長熟を予感させる、
品質と適正収量に恵まれたグレートヴィンテージ 2018年!
クヴェヴリ・卵型タンクでの挑戦がついに始動!!

目指すはクリアでエネルギッシュなヴァン・ヴィヴァン!
コサールが辿り着いた"クヴェヴリ熟成"

地球環境を考慮し将来的に樽の使用を止める方向に舵を切るフレッドは、今回初めて熟成に新樽を一切使用しなかった。また、並行して今回から新しく樽に代わる熟成にクヴェヴリと卵型セメントタンクを導入した。ブルゴ ーニュワインを知り尽くしたフレッド。彼自身樽で熟成させたブルゴーニュワインの伝統的なスタイルの魅力も認めているが、以前から樽の効用について疑問と熟慮を重ねていたようだ。元々はワインの輸送手段として使われていた樽。それが今は樽がワインの価値を決める異常な状況に疑問を呈した彼は、現在起こっている森林伐採による気候の変動と相まって、近年樽に対する憂慮が強まった。そんな中 2017 年の冬、彼はワイン文化の起源であるジョージアを訪問し、そこで多くの生産者に出会い、クヴェヴリで仕込んだワインに文字通り恋に落ちた。フレッド曰く、樽の味わいにマスクされないミネラル溢れるピュアなワインを飲んで体に電撃が走ったようだ。更なるテロワールの表現のため、樽に代わる熟成手段を探していた彼にとってクヴェヴリはまさに奇跡の出会いだった。



樽に代わる容器としてすでに卵型セメントタンクは候補にあったが、そこにクヴェヴリが加わった。その場ですぐに行動に移し、ジョージアの有名な作り手に特注し、ステンレスの蓋ができる 950 リットル〜1400 リットルのクヴェヴリを 10 壺購入。またジョージアのスタイルをリスペクトし、クヴェヴリがすっぽり地中に埋まる盛り土と石積みの壁をわざわざカーヴ内に施した。一方、卵型セメントタンクについては、今ある最小規格の 17hl を購入し、今回は量のあるビゴット、ブドー、サン・ロマン赤、ヴヴレーで試験的に試してみた。今後はオーダーメイドにより各キュヴェの量に合わせた卵型セメントタンクを仕入れ、最終的に樽の使用を止める方向で考えている。

¥6,850(税別)

DOMAINE DE CHASSORNNEY SAINT ROMAIN BLANC COMBE BAZIN 2018

ドメーヌ・ド・シャソルネイ サン・ロマン コンブ・バザン 2018

シャソルネイを代表する1本!今年も美味しい!

1996年設立。ブルゴーニュのクルティエとして働いた10年間で「全てのブルゴーニュを飲み尽した」と語り、自身の信念である「VIN VIVIN=生きたワイン」をコンセプトに自然をリスペクトし葡萄の声に耳を傾けたテロワール・ワインと呼ぶに相応しいを見事なグラン・ヴァンをリリースしている。特級畑モンラッシェと同じ地層から生み出される感動の1本。18年の奥行き、エネルギッシュな酸、果実味を体感して下さい!限定12本!

¥14,000(税別)

FREDERIC COSSARD GEVREY CHAMBERTIN LES GENEVRIERES 2018

フレデリック・コサール ジュヴレ・シャンベルタン レ・ジュヌヴリエール 2018

限定2本!梅・プラム香るコサール節全開の注目銘柄!

2006年設立。ブルゴーニュを代表する偉大なる生産者のひとりであるドメーヌ・ド・シャソルネイ(1996年設立)の当主フレデリック・コサール氏が1987年から10年間クルティエとして働いたその経験と信頼のもと供給される素晴らしい葡萄を使用して驚くようなワインを世の中にリリースし続ける。このキュヴェは同村のキュヴェ・ジュスティスの代わりに発表された新たなるワイン。地図上ではレニアールと表記される。美しさの中にも影のある2面性はジュヴレ村らしさを感じさせる1本!

¥6,700(税別)

FREDERIC COSSARD BOURGOGNE ROUGE BEDEAU QUEVRIS 2018

フレデリック・コサール ブルゴーニュ・ルージュ ブドー クヴェヴリ 2018

限定5本!クヴェヴリ・コサールの入門はこちらをどうぞ!

1996年設立。ブルゴーニュのクルティエとして働いた10年間で「全てのブルゴーニュを飲み尽した」と語り、自身の信念である「VIN VIVIN=生きたワイン」をコンセプトに自然をリスペクトし葡萄の声に耳を傾けたワイン作りを行う。2018年から新たに「脱樽熟成」に向けて、クヴェヴリを導入すると同時に新樽熟成を完全にやめ、大きな卵型コンクリート・タンクを導入。地球環境への考慮と、樽にマスクされないエキスを持つジョージア・ワインとに魅了されて生産を開始。自然派ワインのニュアンスが強く、新たな方向性を感じさせる、意欲作!ファンは必飲!

ドメーヌ・ド・シャソルネイ 2018年

フレデリック・コサール 2018年

バック・ヴィンテージはこちら

【 ドメーヌ・ド・シャソルネイ & フレデリック・コサール 】